【サスティナビリティ】環境に配慮したGUCCIの取り組み

【サスティナビリティ】環境に配慮したGUCCIの取り組み

スポンサーリンク


サスティナビリティとは?


サスティナビリティって最近よく聞きますよね。

だいたい3年前くらいからアパレル業界の中でもこの言葉を使うようになりました。

初めて聞く人もいると思いますので簡単に説明しますね!



  • サスティナビリティとは「持続可能な」という意味です。

特に地球の自然環境の維持に役立つ事業や開発、自然環境に配慮した行動を表現する際によく聞くようになった言葉です。


ファッション業界は、地球環境汚染に対して影響度が高い業種という説がありますので、サスティナビリティは重要な取り組みです。

ファストファッションが流行した影響もあり、衣類の年間消費量が年々増えてきて、洋服の廃棄量も増えています。20年前くらいに比べて2倍の洋服が廃棄されているみたいです。



ものすごい量ですよね、、、



また、衣服を作る過程でも汚染水や温室効果ガス、衣服に毛や皮を使うため動物を大量に処分することなども問題視されています。



例えば、デニムを1本作るときも大量の水を使うので、ユニクロは生産工程の中で水を極力使用しないものづくりをしていたり、リーディングブランドでもエコファーの使用をしていますね。

GUCCIのサスティナビリティの取り組み


GUCCIは洋服以外でも環境に配慮した取り組みをしています。

大きく分けて5つご紹介します。



招待状


森林を守るために国際的な森林認証組織であるFSC (森林管理協議会)の認証を受けた紙を使用しています。


ケータリング


100%プラスチックフリーの容器やカトラリーを使用しています。

50%以上が地元のイタリア・ロンバルディア州で調達された物みたいで、余剰が出た場合は全て地元の慈善団体に寄付されるようです。


グリーンエネルギー


ショーのために2台のディーゼル発電機が設置されたのですが、これらの発電機による排出量は、ミラノ市内に植樹される2000本の樹木によって完全に相殺されます。


素材


会場セッティングのために使用された資材の約70%はレンタル。または再利用可能なもの。

MDF(中間繊維板)など一部リサイクルされたものを使用していて、再度リサイクルができます。

椅子やシーリングランプなどのプラスチック製品は、社内で再利用または寄付されるようです。



照明、廃棄物管理


照明は、全体的にエネルギー消費量が少ないLED電球を採用しています。

廃棄物に関しては、全てを分別して適切なルートで処分を行っています。


まとめ


間接的ではありますが、できることから取り組む姿勢でGUCCIをはじめ多くのブランドがサスティナビリティの取り組みを行っています。

私はこのような業界の背景や流れを知ることで、以前に比べるとあまり洋服を買わなくなりました。

しっかりと良いもの、長く着れるもの、自分自身に合っているものを考えて洋服を選ぶようになってきました。


環境に良い素材や、生産工程でものづくりをしているブランドはどんどん増えていますので、お店やネットで洋服を買うときに商品説明やタグなどを見ると環境に配慮した商品と出会えるかもしれませんね。

スポンサーリンク


YouTube

CTA-IMAGE ゆうすな /ecru closet YouTube

こちらのチャンネルでは

「生活を豊かにする」

服、小物、雑貨、家具などをシェアしています。
ご興味のある方、ぜひチャンネル登録お願い致します。

アパレル業界トレンドカテゴリの最新記事