【incase /インケース】おすすめビジネス用PCバッグレビュー

【incase /インケース】おすすめビジネス用PCバッグレビュー

 

リュックだと仕事の時に両手が空いて楽なんだよな〜。
ビジネスでも使えるリュックないかな〜。

 

 

ビジネスシーンで使えるリュックを探している方におすすめしたいバッグブランドがあります。

それはincase /インケースです。

 

今回は、僕も使っているincase /インケースの使用感、レビューをしたいと思います。

 

 

✔︎この記事を書いた人

この記事を読むことで

・ビジネスシーンに便利なincase /インケースの魅力

・メリット・デメリット

がわかります!

ビジネス利用のリュックを探している方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

incase /インケースってどんなブランド?

1997年、デザイン設計に重点をおきIncaseは立ち上がりました。

現代のクリエイター達の進化し続ける要望(デマンド)に合うよう、プロテクションとモビリティを兼ね備えています。

我々はAppleを使って創造する人々のライフスタイルに深く根付き、これを専念することにより、ユーザーの進化し続けるニーズに集中することができ、クリエイティビティと起業家精神を研ぎ眇めながら、絶えず商品提供を行っています。

引用元:incase /インケース

 

incase (インケース)は、Apple社公認のノートPC、iPadなどのガジェット系の収納に特化したバッグやケースを展開しています。

面構えはミニマムなデザインなのですが、内部の収納技術やPCを保護するクッション性の高さなどは素晴らしいの一言です。

 

incase /インケースってどんな人におすすめ?

incase (インケース)は以下のような人におすすめです。

①ミニマムなデザインが好きな人

②ノートPCの持ち運び頻度が高い人

③1万円〜2万円の価格帯でリュックを探している人

①ミニマムなデザインが好きな人

面構えはとてもシンプルなため、ミニマムなデザインがお好きな方におすすめです。

ミニマムなデザインのため、スーツやビジネスカジュアルなスタイルに合うリュックとしてはトップクラスの位置にいるのではないかと個人的に思います。

ビジネス用としてはもちろんですが、私服できれいめなスタイリングのときのメインバッグとしてもぴったり合います。

ジャケットやコートのようなトラッドスタイルにもマッチするデザインなので、幅広く使えるバッグです。

 

②ノートPCの持ち運び頻度が高い人

なんといってもApple社公認のバッグなので、ガジェット収納のスペックがかなり高いと感じています。

最近では、社用ノートPCをカバンに入れて持ち歩いたり、カフェで作業するフリーランスの方も多くなっているので、ノートPCを持ち歩いて行動する人が増えています。

移動するときのカバンの揺れは、パソコンの故障にも繋がってきますので、ガジェットたちをしっかりと保護してくれるincase (インケース)はおすすめの逸品です。

 

③1万円〜2万円の価格帯でリュックを探している人

incase (インケース)の魅力は、機能性が高いのに価格が安いところです。

価格が3万円以上のビジネスバッグが多い中で、1万円〜2万円で購入できるのは嬉しいですね。

社会人一年目の方にも、手に取りやすい価格帯なのでとても良心的だと思います。

 

今回のレビューはCity Compact Backpack (シティ コンパクト バックパック)

では改めて、incase (インケース)のCity Compact Backpackのレビューに移ります。

※私が持っているのは2016年に購入したものになりますので、現在販売しているCity Compact Backpackとは、若干デザインが異なります。(内部のカラーが異なりますが、収納ポケットの仕様は同じです。)

 

都会的なビジネス向けデザイン

どの型もそうですが、incase (インケース)はミニマムで無駄を削ぎ落としたデザインです。

無駄な装飾がないので、ビジネスシーンに溶け込むデザインが魅力ですね。

 

 

型崩れしにくく、タフな素材

2016年に購入していますが、クタっと型崩れすることなく型をキープしています。

素材は、500デニールの混合織ポリエステルのタフなボディです。

 

 

長時間背負っていても疲れにくい

クッション性に優れたショルダーストラップと、通気性のあるメッシュ素材の背面クッションは、長時間背負うと他のバッグと違いがわかるはずです。

ショルダーの付け根部分も背中に沿うように設計され、リュックと身体の接する面積が広く、安定感が増します。

 

コンパクトな見た目ですが収納力がすごい!

メインポケット

メインポケットは、ノートPCが収納できるスリーブと、メッシュポケットがついています。

私が持っているMacBook Pro13インチは簡単に収納できます。

A4サイズがゆったりと余裕を持ってしまうことができるのは嬉しいですね。

 

ノートPCを包み込むようにクッションを配置した360°プロテクション構造で、あらゆる方面からの衝撃に対応しています。

City Compact BackpackであればPCを安心して持ち運びできます。

ふかふかクッションは嬉しいですね。

フロント上部ポケット

フロント上部のポケットは、モノを取り出しやすくとても便利です。

裏地が起毛でフワフワなので、衝撃に弱いものを入れるのもおすすめです。

スマホやポケットWi-Fi、鍵などの小物関係を入れておくのもいいですね。

 

フロント下部ポケット

ペンホルダー×3と小ポケット×2、タブレット収納ポケットを備え、ビジネス小物の収納に最適です。

 

Incase(インケース)City Compact Backpackのデメリット

出張や旅行には不向き

マチがコンパクトなため、着替えなどを入れるとパンパンになってしまいます。

マチのコンパクトさがスーツと合わせたときに馴染むため、デイリーのビジネス使用が良さそうです。

 

例えば、上の画像のようにノートPC、書類、ケース、筆箱、水筒くらいでしたらゆとりを持って収納できます。

 

カジュアルなスタイルにはミスマッチ

オンスタイルにはバッチリハマるのですが、オフスタイルだとミニマムなデザインのIncase(インケース)は合わないように思います。

例えば、BRIEFING(ブリーフィング)のようなカジュアルな要素を含んだバッグのほうが、オフスタイルにはマッチします。

Incase(インケース)City Compact Backpackのまとめ

メリット・デメリットまとめ

・ビジネスシーンで使うならとてもおすすめ

・ノートPCの持ち運びはとても楽で、その他収納機能も秀逸

・出張や旅行、オフスタイルには向かない

楽天からの購入だとポイントがたくさん溜まってお得なのでぜひチェックしてみてください!

 

 

 

YouTube

CTA-IMAGE 【くらしモノ|ゆうすな】 

こちらのチャンネルでは

「生活を豊かにする」

服、小物、雑貨、家具などをシェアしています。
ご興味のある方、ぜひチャンネル登録お願い致します。

モノログカテゴリの最新記事